胎教とは

赤ちゃんがお腹にいる間に、お母さんがイライラしたり、リラックスして気分がいいとき、お腹の赤ちゃんも同じような気持になるようです。
そこで、お母さんがまずリラックスして、赤ちゃんによい環境を与えるというのが胎教です。
特に、胎児の耳は、妊娠5ヶ月から発達してきます。
そこで、胎児はお腹の外の音を聞くことが出来るようです。
そこで、胎児に、話しかけたり音楽を聞かせたりして、胎児の脳を刺激し、胎児の情緒を豊かにする胎教は、とても大切だと言えます。
生まれてきて、お母さんの声を赤ちゃんが聞き分けられるのは、お母さんのお腹の中にいる時から、お母さんの声やお父さんの声を聞いていたからだと言われています。
そこで、妊娠中には、お母さんはリラックスして、妊娠期を楽しみたいものです。
赤ちゃんが生まれてから大きくなる日々を考えれば、胎児としてお腹の中にいるのは、ほんの一瞬です。
この時期にお母さんと胎児が一心同体になって、楽しい気分を味わいたいものです。
クラシック音楽を聞かせたり、お話の本をお腹の赤ちゃんのためにお母さんが読んであげたりと、胎児への刺激を与える方法は、たくさんあります。
お父さんは、まずお母さんをいたわり、夫婦仲良く生活していくことが胎児の安定にも繋がります。
胎教で一番大切なのが、お母さんのリラックスです。
イライラしたり、ストレスを抱えていては、いくら胎児にいい音楽を聞かせたとしても意味がありません。
お母さんの精神安定に努めることが、一番大切です。

関連リンク・お役立ちリンク

法務事務所や法律事務所に債務整理の相談を
債務整理をしようとしている人、借金問題のことはできるだけ早く解決したいですよね。法律事務所や法務事務所へ、今スグ無料相談してみては?

お役立ちリンク&関連リンクです。