沖縄市 個人再生 弁護士 司法書士

債務・借金の相談を沖縄市在住の方がするなら?

借金返済の悩み

借金が増えすぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の悩みから解放されたい…。
もしもそう思っているなら、一刻も早く弁護士・司法書士に相談を。
司法書士・弁護士が提案してくれる解決策で、毎月の返済が減額したり、督促がストップしたり、といういろいろな恩恵を受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談できる法律事務所や法務事務所も沢山あります。
ここでは、それらの中で沖縄市に対応している、お勧めの法律事務所・法務事務所を厳選して紹介しています。
また、沖縄市にある他の法律事務所・法務事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、一人だけではなかなか解決できません。
弁護士・司法書士の知識や知恵を借り、最善の解決策を見つけましょう!

借金や個人再生の相談を沖縄市の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

沖縄市の多重債務・借金返済問題の相談なら、ここがお勧めです。
弁護士対応で、しかも全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心です。
代金の支払は、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPもできます。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、借金に関して相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(通話代金無料)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、借金問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリのやり方で、どうにもならない借金問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理でも、和解成功報酬や減額報酬などを一切支払わなくてよいため、おトクに解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので沖縄市の人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう配慮も徹底してもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まず、勇気を出して無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の沖縄市近くの法律事務所や法務事務所の紹介

沖縄市には他にも複数の法律事務所・法務事務所があります。参考にしてみてください。


●真玉橋司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地2丁目20-3
098-930-1258

●仲尾浩司法書士事務所
沖縄県沖縄市諸見里1丁目6-20
098-933-5383

●幸喜・稲山総合法律事務所
沖縄県沖縄市松本3丁目3-17
098-938-4381
http://kouki-inayama-law.jp

●コザ法律事務所
沖縄県沖縄市知花1丁目26-10
098-934-3298

●森本忠昭司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地3丁目1-35
098-933-0010

●仲間辰成司法書士事務所
沖縄県沖縄市久保田1丁目1-24メゾン久保田1F
098-933-5605

●座間味肇司法書士事務所
沖縄県沖縄市仲宗根町29-15
098-934-1554

●仲間辰雄法律事務所
沖縄県沖縄市美里4丁目24-14平アパート
098-939-2565

●富本裕英司法書士事務所
沖縄県沖縄市諸見里3丁目1-1
098-933-6829

●そよかぜ法律事務所
沖縄県沖縄市知花6丁目11-39
098-938-3939

●大嶺睦司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地2丁目10-23
098-933-4541

●センター法律事務所
沖縄県沖縄市中央3丁目1-6比嘉ビル
098-921-1766

●平良保弘司法書士事務所
沖縄県沖縄市諸見里2丁目3-23
098-933-6876

●安里正一司法書士事務所
沖縄県沖縄市仲宗根町15-15稲福アパート
098-937-1680

●ふじ法律事務所FujiLawOffice
沖縄県沖縄市知花1-26-3銘苅ビル3階1-26-3
098-938-7370
http://fuji-law.com

●諸見里輝雄司法書士事務所
沖縄県沖縄市上地2丁目13-13
098-932-8611

●吉村正夫法律事務所
沖縄県沖縄市知花1丁目26-3銘刈ビル202
098-921-0262
http://yoshimuralawoffice.com

沖縄市にある地元の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、不安なく相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務に沖縄市に住んでいて弱っている状態

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社等は、非常に高い利子がつきます。
15%〜20%もの金利を払わなければなりません。
住宅ローンの場合0.6%〜4%(年)ぐらい、車のローンでも1.2%〜5%(年間)くらいなので、その差は歴然です。
しかも、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定している金融業者の場合、金利0.29などの高い利子をとっていることもあります。
非常に高利な金利を払い、そして借金はどんどんふくらむ。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ありませんが、額が大きくて金利も高いという状態では、なかなか返済の目処が立ちません。
どうやって返済すればいいか、もうなんにも思い付かないのなら、法律事務所・法務事務所に相談してみてはいかがでしょう。
弁護士や司法書士なら、借金・お金問題の解決策を考え出してくれるはずです。
長期返済の計画かもしれませんし、過払い金を返してもらって返さなければいけない金額が減額するのかもしれません。
まずは相談、これが解決のための第一歩です。

沖縄市/債務整理のデメリットとは|個人再生

債務整理にも沢山の手口があって、任意でクレジット会社と話し合いをする任意整理と、裁判所を通す法的整理である個人再生若しくは自己破産という類があります。
それではこれらの手続につきどんな債務整理デメリットがあるでしょうか。
これらの三つの手段に共通していえる債務整理のデメリットとは、信用情報にそれ等の手続きをしたことが掲載されてしまう事ですね。世にいうブラック・リストという状況です。
だとすると、ほぼ5年から7年ほどの間、クレジットカードがつくれずまたは借り入れができなくなったりします。しかし、貴方は返済金に日々悩み続けこれらの手続きを進めるわけですから、暫くは借入しない方が良いのじゃないでしょうか。じゃクレジットカードに依存している人は、むしろ借金ができない状態なる事により出来ない状態になる事によって助けられるのじゃないかと思われます。
次に個人再生又は自己破産の債務整理の欠点ですが、官報にこれ等の手続きをやった事が載ってしまう事が上げられます。しかし、あなたは官報等観た事が有るでしょうか。むしろ、「官報とは何?」といった方の方が多数いるのじゃないでしょうか。
実は、官報は国が発行する新聞に似たようなものですけれども、業者等の極わずかな方しか見てません。ですから、「自己破産の実態が御近所の方に広まる」等といった事はまずもってないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理の不利な点ですが、1回破産すると7年間、二度と破産はできません。そこは十二分に配慮して、2度と自己破産しなくても大丈夫なようにしましょう。

沖縄市|借金の督促って、無視するとどうなるの?/個人再生

皆様が万が一信販会社などの金融業者から借入れし、支払い期限にどうしてもおくれたとします。その時、まず確実に近い内に金融業者から支払いの督促メールや電話がかかって来るでしょう。
連絡をスルーするということは今や簡単に出来ます。消費者金融などの金融業者のナンバーと思えば出なければいいのです。また、その番号をリストに入れ拒否するという事もできますね。
とはいえ、そのような進め方で少しの間ほっとしても、其の内「支払わなければ裁判をすることになりますよ」等という督促状が来たり、又は裁判所から支払督促・訴状が届いたりします。そのような事になっては大変です。
ですので、借金の支払日にどうしても遅れたらシカトせず、しかと対処することが大事です。金融業者も人の子ですから、少々遅れても借入を返す意思がある顧客には強硬な手法を取ることはあまりないと思います。
じゃあ、払いたくても払えない時はどのようにしたらよいでしょうか。想像の通り何度も掛けて来る要求の電話をシカトするしか外になんにもないだろうか。その様な事はありません。
まず、借入が返済出来なくなったならばすぐにでも弁護士に相談、依頼する事が重要です。弁護士が仲介した時点で、金融業者は法律上弁護士の先生を通さないで貴方に連絡を取ることができなくなってしまうのです。消費者金融などの金融業者からの借金払いの催促の連絡が止むだけでもメンタル的にとても余裕が出来ると思われます。また、具体的な債務整理の手段について、その弁護士の方と話し合って決めましょう。