草津市 個人再生 弁護士 司法書士

草津市に住んでいる人が債務・借金の相談をするならこちら!

借金をどうにかしたい

借金が多くなりすぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の苦しみから解き放たれたい…。
もしもそう考えているなら、できる限り早く司法書士や弁護士に相談しましょう。
司法書士や弁護士が探してくれる解決策で、月々の返済金額が減ったり、督促がストップしたり、などという色々なメリットを受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談ができる法務事務所や法律事務所も数多くあります。
ここではそれらの中で、草津市にも対応している、おすすめの所を紹介しています。
また、草津市の地元にある法務事務所・法律事務所もいくつか載せているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、一人だけではなかなか解決できません。
司法書士・弁護士の知識・知恵を借りて、解決策を見つけましょう!

草津市に住んでいる方が個人再生・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

草津市の債務・借金返済解決の相談なら、コチラがオススメです。
弁護士が対応してくれて、全国対応の法律事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いもOK。
相談料金はもちろん0円!
借金取り立てのSTOPもできます。
個人再生、自己破産、任意整理、過払い金、など、債務・借金のことを無料相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料無料)で相談受付できるので、お金に困っている人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、借金や債務の問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に適した方法で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などを一切取らないため、お得に解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ココも全国に対応している司法書士事務所なので草津市にお住まいの人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士と呼ばれることもある代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうという、涙もろい一面も。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の草津市周辺の司法書士・弁護士の事務所紹介

他にも草津市にはいくつかの司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてください。


●横江孚彦司法書士事務所
滋賀県草津市草津3丁目13-70
077-562-1279

●柏木司法書士事務所
滋賀県草津市青地町1254-1
077-567-5538

●あけぼの法律事務所
滋賀県草津市野路1丁目4-16 MNK-3ビル5階502号
077-599-0604
http://akebono-law.net

●司法書士法人F&Partners
滋賀県草津市大路1丁目1-1
077-566-4567
http://256.co.jp

●弁護士法人 田中彰寿法律事務所 草津事務所
滋賀県草津市野村2丁目10-16
077-561-0321
http://kusatsu.tanaka-law.net

●優司法書士法人
滋賀県草津市野路1丁目8-18
077-516-0331
http://you-office.com

●田中司法書士事務所
滋賀県草津市橋岡町45-3
077-566-0660

●山田保造司法書士事務所
滋賀県草津市草津2丁目15-2
077-562-0953

●加藤・若代司法書士事務所
滋賀県草津市平井2丁目1-30 ハウスソレイユ 3F
077-565-1553

●かつき司法書士事務所
滋賀県草津市 草津3丁目 14番44号木村ビル3F
077-566-0534
http://office-katsuki.jp

●草津法律事務所
滋賀県草津市西大路町3-8 ジュモオネティ 2F
077-516-1681
http://kusatsu-law.jp

●湖南司法書士事務所
滋賀県草津市 東矢倉3-35-32
077-566-4880
http://konanjimusyo.com

●草津駅前法律事務所
滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階
077-565-8955
http://kusatsu-ekimae.jp

草津市にある地元の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、気後れせずに相談できるという方も多いのではないでしょうか。

草津市で借金に参っている場合

クレジットカードのリボ払いやキャッシング業者などは、非常に高い金利がつきます。
15%〜20%もの利子を払うことになります。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年)ぐらい、車のローンでも年間1.2%〜5%くらいですから、すごい差です。
そのうえ、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定する消費者金融の場合、なんと利子0.29などの高利な利子をとっていることもあります。
かなり高額な利子を払い、しかも借金はどんどん増えていく。
お金を借りたのは自己責任なので仕方ないですが、金利が高くて額も多いという状況では、返済の目処が立ちません。
どうやって返済すればいいか、もうなんにも思い付かないのなら、法務事務所や法律事務所に相談してはいかがでしょう。
司法書士や弁護士なら、借金を返す解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれないですし、過払い金の返還で返済額が減額するのかもしれません。
まず相談する、これが解決のための始めの一歩です。

草津市/債務整理のデメリットって?|個人再生

債務整理にも沢山の進め方があって、任意で闇金業者と交渉する任意整理と、裁判所を通した法的整理の個人再生や自己破産と、種類があります。
ではこれ等の手続についてどのような債務整理デメリットがあるのでしょうか。
これ等3つの方法に同じようにいえる債務整理のデメリットと言うと、信用情報にそれら手続きをした旨が記載されてしまうという事です。世に言うブラック・リストという状態です。
だとすると、概ね5年〜7年ぐらいの間、カードがつくれなくなったりまたは借入ができなくなったりします。だけど、あなたは支払金に日々苦悩してこれらの手続を行うわけですので、しばらくは借入しない方がよいのではないでしょうか。
ローンカードに依存している人は、逆に言えば借金が出来なくなる事で不可能になる事により救われるのじゃないかと思います。
次に個人再生・自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続をした事実が載ってしまうことが挙げられます。とはいえ、あなたは官報などご覧になったことがありますか。むしろ、「官報とはなに」という人のほうが殆どではないでしょうか。
実は、官報は国が作るする新聞に似たものですけれども、やみ金業者等々のごく一部の方しか見ないのです。ですので、「自己破産の実情が周りの人に広まった」等といったことはまずもってありません。
最後に、破産特有の債務整理デメリットですが、一遍自己破産すると7年間、2度と破産は出来ません。これは十分配慮して、2度と破産しなくてもよい様にしましょう。

草津市|自己破産のリスクってどんなもの?/個人再生

はっきし言えば社会一般で言われる程自己破産のリスクは少ないのです。高価な車や土地やマイホーム等高価なものは処分されるが、生きる上で必ずいるものは処分されません。
又20万円以下の預金は持っていても問題ないです。それと当面の数箇月分の生活する為に必要な費用一〇〇万円未満ならば没収されることは無いでしょう。
官報に破産者のリストとして掲載されますがこれも一定の人しか見ないでしょう。
また俗にいうブラック・リストに載って7年間程ローン若しくはキャッシングが使用キャッシング、ローンが使用不可能な情況となるのですが、これはしようが無い事なのです。
あと定められた職種に就職出来なくなるということがあるのです。しかしながらこれも極特定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返金することができない借金を抱えこんでいるならば自己破産を実行するのも1つの手法です。自己破産を実施したならばこれまでの借金が全くチャラになり、新しい人生をスタートできると言うことで利点の方がより多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限とし税理士や公認会計士や弁護士や司法書士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし後見人・保証人・遺言執行者にもなれません。又会社の取締役などにもなれないです。けれどこれらのリスクは余り関係ないときが多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きな物では無いはずです。