胎教と絵本

胎教のために、絵本を読むということは、二つの意味があります。
それは、生まれてくる子供のために読んであげることで、お母さんとしての実感が湧くこと。
もう一つは、胎児の胎教のためにお母さんの声を聞くという、胎児の情緒安定のためのものです。
ブックローンでは、胎教のための絵本チャイクロがあります。
色使いがとても綺麗で、内容も分かりやすくできています。
赤ちゃんが生まれてきたときに、お母さんが赤ちゃんと読みたい本こそ、胎児の胎教にいい本であると言えます。
お母さんがその本を読みながら、胎児に優しく語りかけ、生まれてきたときに一緒に読みたいという夢を膨らませることこそ、胎児にはとても良い胎教になります。
お腹に語りかけるということは、お母さんにとっても、胎児にとってもリラックスできる環境を作り出すことです。
絵本を読んでお母さんとして、胎児に語りかける時間は、お母さんが胎児と二人で過ごす、二人だけの貴重な時間でもあります。
そして、ほぼ8ヶ月で、胎児の五感は形成されると言えます。
その形成過程で、おかあさんの優しい声を聞いて育つ子は、生まれてからも情緒豊かな子になると言われています。
胎教のための本は、現在たくさん発売されていますが、大切なことは、お母さんがその本を読んで、素敵だと思う本でなければなりません。
将来子供に読み聞かせている場面を想像しながら、楽しくなるような本を選びたいものです。
そこで、本屋さんに行って、胎教の本や、0歳から1歳の絵本などを探してみると良いでしょう。